ライセススタッフが書くブログ。

『スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング』

| Web制作のこと
『スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング』

Web制作をしていく上で持っていると重宝されるスキルプログラミング。

 

その中でもフロントエンド領域であるプログラミング言語JavaScriptは、Webサイトのインタラクションに貢献し、リッチなデザインに仕上げます。

 

しかし、JavaScriptを含むプログラミング言語はHTMLなどのマークアップ言語とは構成が複雑で、特に数学が苦手だった人には敷居が高いイメージがあり、挫折した人も多いかと思います。

 

そんな僕も過去にJavaScriptのマスターを目指し、挫折したひとりです。

 

社内のWebデザイナーから拝借した本書を読んで、僕のような初心者同様の挫折者でもわかりやすい本だという感じました。
今回、この本の2つの大きな特徴を紹介します。


スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

 

プログラムに細かくふりがながふってある。

他のこの手の技術書同様、「何をするために」「こういうプログラムを書く」「説明や注意点」「図版」というページ構成ですが、この本のタイトルからわかるように、サンプルのプログラムひとつひとつにふりがながふってあります。

なので、演算子、関数、変数といったミクロな単語の意味がスラスラ読めるのです。

 

 

読み下し文でさらに理解を深める。

前述のようにふりがながふってあるだけでもやさしいのですが、ふりがな部分だけを読み進めても日本語の文法としては理解し難いです。

ふりがなを日本語の文法に沿ってプログラムの翻訳の役割である読み下し文も記載されており、これによってさらに理解を深めることができます。

 

 

総 評

過去の自分の挫折の原因は、基本の構成・構造を理解していなかったり、覚えたはずの式などを忘れてしまったりで、途中で投げ出したのを思い出しました。

しかし、この本は最後の章まで、悪い言い方ですがしつこくふりがながふってあります。その繰り返しにより、ステップを踏んでっいく段階でいつの間にか読める(理解)ようになってきます。

 

ちなみに、この本の姉妹本で、同じくPythonバージョンもあります。

 


スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)


これ以上記事はありません。




Webを作るのは人。

INFORMATION

raisez(ライセス)に興味を持った方は、是非チェックをしてください。

Webを楽しむのは人。

CONTACT

Web制作、Webビジネスのご相談はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
TOPへ戻る