ライセススタッフが書くブログ。

インターネット広告の種類を自分なりにまとめました

| Web制作のこと

日々変わっていくインターネット広告業界の中で、

今見ている様々な広告の名称ってなんだろうと突然思いました。

自分はインターネット広告の種類をいまいちわかってないと感じました。

インターネット広告はどいう物なのかをはっきり理解したいと思い、自分なりにまとめてみました。

まずは掲載形式

 

一般に知られている広告形式

 

・バナー広告

・ティスプレイ広告

・テキスト広告

・動画広告

・メールマガジン

・記事広告・PR記事(もしくは「タイアップ広告(Tie-up Adventising)」)

 

レベル高めの広告形式

 

リマーケティング広告(Retargeting Advertising)

特定のWebサイトに訪問したユーザーを追跡し広告を表示する仕組みとなっています。

 

このようにAサイトからBサイトに行っても、広告は同じものが出てきます。 利点として一度にWebサイトを訪

問し興味を持ってくれた人に再度訴求する事が出きるが 反面、ストーカーみたいで気持ち悪いと思うことも少

なからずあると思います。

 

そこで生まれたのが

ネイティブ広告(Native Advertising)

 

バナーのように広告として目立つものではなく、よく目にしているメディアに溶け込む ように表示される広告

がネイティブ広告。コンテンツの一部として見れることで、ユーザーに ストレスを与えず情報を届けるのが特

徴です。ネイティブ広告の中で、6種類のフォーマットがあります。

 

フォーマット種類

▪️インフィード型(InFeed Units)

▪️ペイドサーチ・ユニット(Paid Search Units)

▪️レコメンデーション・ウィジェット(Reccomendation Widgets)

▪️プロモーテッド・リスティング(Promoted Listings)

▪️ネイティブ要素を持つインアド (IABスタンダード)(In-Ad with Native Element Units)

▪️カスタムアド(Custom) (説明長くなりますので、今回は省きます。)

 

リッチメディア広告(Rich Media Advertisement)

 

テキストや静止画だけでなく、動画や音声など比較的データ量の多い技術を利用したインターネット広告です。

リッチメディア広告は自由度が高く、表示領域を超えてインパクトのある展開にしたり、 ゲームののような遊

び心のある広告を構築できたり、通常のバナー広告では出来ない体験を提供できるメリットがあります。




Webを作るのは人。

INFORMATION

raisez(ライセス)に興味を持った方は、是非チェックをしてください。

Webを楽しむのは人。

CONTACT

Web制作、Webビジネスのご相談はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
TOPへ戻る