ライセススタッフが書くブログ。

WordPressの固定ページでPHPを使う方法

| Web制作のこと

オリジナルのテーマでサイト制作しているとたまに固定ページでPHPを使わないといけない場面もちらほら出てきますよね。

以前まではExec-PHPなるプラグインが存在していまして、インストールするだけで固定ページでもPHPの記述ができちゃったりしましたが、ついに公式のプラグインディレクトリからも削除されてしまいました。

セキュリティ的にも穴があるらしいので、別の手法を紹介したいと思います。

 

まずfunctions.phpに下記を追加します。

“/inc/$file.php”のinc/の部分は任意の名前をつけてください。

 

次に任意のPHPファイルを作成します。

今回はわかりやすくするために簡単なものをチョイスしました。

上記をdate.phpとして保存してください。

 

保存後「inc」フォルダを作成してdate.phpを中に格納してください。

上記で書きましたが、”/inc/$file.php”でインクルードするファイルのパスが変わるのでここだけ注意してください。

 

最後に固定ページを開き、ショートコードのようなカタチで挿入します。

 

今日ご紹介した手順を踏むことで、固定ページでも簡単にPHPを使うことが出来ます。

 




Webを作るのは人。

INFORMATION

raisez(ライセス)に興味を持った方は、是非チェックをしてください。

Webを楽しむのは人。

CONTACT

Web制作、Webビジネスのご相談はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
TOPへ戻る